Loading
入管法務

入管法務

通常の入管手続


在留期間の更新、変更、再入国許可申請、短期ビザの取得等


 

「在留期間の更新」

現在与えられている在留資格により認められている活動と同一の活動を行うために、在留期間を超えて日本に在留する場合に必要な手続となります。

「在留期間を更新する」場合はこちら


 

「在留資格の変更」

現在行っている活動を打ち切るなどして、別の在留資格に属する活動を行おうとする場合などに必要な手続きです。

「在留資格を変更する」場合はこちら


 

「再入国許可申請」

外国人が、一時帰国等の理由により、日本から出国する場合に、再入国許可を得ていれば、簡単に再び入国することができます。

「再入国許可を受ける」場合はこちら


 

「短期ビザの取得」

親族の訪問、観光、保養などの理由で、短期間日本に在留する場合には、短期ビザを取得する必要があります。

「短期ビザを取得する」場合はこちら


特別な入管手続


永住許可申請、帰化申請、在留特別許可申請、上陸特別許可申請等
 

「永住許可申請」

永住者とは、法務大臣が永住を認める者であって、その生涯を、日本に生活の本拠をおいて過ごす者のことをいいます。

「永住許可を受ける」場合はこちら


 

「帰化申請」


帰化をして、外国籍を喪失して、日本国籍を取得すると、日本人となります。

「日本国籍を取得する」場合はこちら


 

「在留特別許可申請」

法務大臣の自由裁量によって決せられるもので、違反の態様、家族関係等を総合的に考慮して、在留を認めるかどうかが決定されることとなります。

「在留特別許可を受ける」場合はこちら


 

「上陸特別許可申請」

法務大臣の自由裁量によって決せられるもので、上陸の条件不適合に至った理由等を考慮して、上陸を認めるかどうかが決定されることとなります。

「上陸特別許可を受ける」場合はこちら

PAGE TOP